「がおー!」が持つ文化的役割について

皆さんは「がおー!」と聞いて真っ先に何を思い浮かべるだろうか?

多くの読者はライオンやトラ、場合によってはサーベルタイガーやティラノサウルス・レックスを思い浮かべるのではなかろうか?
(サーバルを思い浮かべたアナタ、その声は我がフレンズ、李徴子ではないか?)

この様に、「がおー(gaou)」が大型肉食獣の鳴き声を表しているという事に疑問を抱く人は、筆者の様な、極少数の奇特な人間だけではないだろうか?

さて、筆者はこの一般論に疑問を抱いた一人なのであるが、そもそも何故「がおー(gaou)」なのであろうか?
実際に動画サイトなどでライオンやトラの鳴き声を聞いて見ると、確かに「がおー(gaou)」と聞こえなくもない。
しかしながら、同時にゾウやカバの鳴き声を聞いてみると然程大差は無いように思える。
一方で、ライオンやトラと同様に、ネコ科の動物であるイエネコの鳴き声が「がおー(gaou)」では無く「にゃーん(ni∂r:n)」なのは疑いようがない。
つまり、「がおー(gaou)」とは、”大型動物”が奏でる重低音の鳴き声なのであって、必ずしも”肉食獣”である必要は無いと考えられる。
すなわち、ジンベイザメが「がおー!」と鳴いても良いのである。

閑話休題

さて、「がおー(gaou)」とは実際には一部の大型動物の鳴き声なのであるが、何故、一般的に肉食獣の鳴き声として認識されているのか?

残念ながら、この問題を筆者に読み解くことは出来ない。

もしや、サーベルタイガーに顕著な、肉食獣にとって象徴的である”牙”、ライオンが百獣の王と呼ばれているように捕食者として生態ピラミッドの頂点に立つ”王”、合わせて「牙王」なのではないかと考え、検索エンジンに頼ってみるも、特撮ヒーローとTCGのモンスターしか出てこない有様である。

本記事は「がおー!」が持つ文化的役割を解説する記事であり、擬声語の由来を推理する記事ではないため、ここはタイトルに甘えて問題を棚上げさせて頂く。

さて、聡明な読者の方はすでに気付いているだろうが、冒頭に述べた「がおー(gaou)」とタイトルの「がおー!」では表記が異なっている。
これは、あくまで一擬声語としての役割を持つ「がおー(gaou)」と、本記事で解説する文化的役割を有する「がおー!」を意識的に使い分けたものであるが、本来、言語とはその表記により意味を大きく変える。

表記により、対象物のグレードが異なるという話を聞いたことがある読者は多いのではなかろうか?

例えば、「キッチン」と「台所」と「お勝手」や、「トイレ」と「化粧室」と「お手洗い」、「ホテル」と「旅館」と「宿(やど)」等はそれぞれが同じ物を指す言葉であるが、受け取る印象は大きく異なる。
一般的には、カタカナは欧風で最新鋭の印象を、漢字は古風な格式高い印象を、ひらがなは身近な優しい印象を与えるとされている。

表記による違いは、その他にも存在する。
そもそも、漢字とひらがなとカタカナを同列に並べているが、これらが持つ日本語的性質は大きく異なる。
漢字は中国から伝来してきた言語な訳であるが、日本人は中国語が解らずとも、その語句の意味が何となく分かる。
これは、日本における漢字とは、その字、一つ一つが意味を有しているためである。
一方で、ひらがなやカタカナが表すものはただの音声に過ぎず、本来その文字一つ一つは意味を有していない。

それでは、ひらがなとカタカナが同じものなのであろうか?

日本の歴史においてはこれら二つには立場や場面(公私や宗教)による明確な使い分けが存在したとの事だが、本筋から離れるため、ここでは歴史については語らない。この文章を読んでいる読者が纏めてくれると私も嬉しい。

さて、日本史の話は放棄したわけであるが、現代においてはこの二つに差はあるのだろうか?

実は現代においてはカタカナはその立ち位置を大きく変えている。
先程、カタカナが表現するのはただの音声にすぎないと説明したが、これは現代に於いては正しくない。
何故なら、現代においてカタカナにはひらがなとは明確に異なる役割が与えられているからである。

すなわち、外来語の存在である。

カタカナにのみ、外来語を表現する役割が与えられた事で、カタカナの学問的でスマートで小難しい印象は、現代においてさらに強化され、一方で、ひらがなのやわらかく、一種の幼稚さを与える印象も顕著となった。

グローバリズムによるコンチェフネスのシフトである。

これからのにほんしゃかいはかいがいにしやをひろげなければならないのである。

さて、「がおー!」の話に戻ろう。
つまり、これまでの議論から、「がおー!」と「ガオー!」と「牙王!」はそれぞれ表現しているものが異なるのである。
すなわち、「がおー!」は幼稚な、肉食獣の子供や、あるいはネコのかわいい”鳴き声”を表し、「ガオー!」学問的に小難しく、肉食獣の畏怖を抱くような”発声”を表す。そして、「牙王!」は明確に”特撮ヒーロー”を意味している。



と、話に一区切りがついた訳であるが、残念ながらここで話は終わらない。
読者諸君にはもう少しお付き合い頂く。

ここまで話して来たのは、謂わば「がおー!」の国語的な”意味”であって、文化的な”役割”では無い。
説明がだいぶ長くなり、読者諸君もお疲れであるだろうから、寄り道なしに話を進めさせて貰う。仮に読者諸君が疲れていなくとも筆者は疲れたので問答無用である。

結論から言えば、冒頭の問に対して、サーバルちゃん(あるいはこの記事を書く原因となったジンベイザメ海未ちゃん)を思い浮かべた方こそが正しいのである。

どういう事かわからない方は一度「がおー!」で画像検索して欲しい。











如何だろうか?

見事なまでに二次元キャラのイラストに塗れていたのではないか?

そう、「がおー!」とはかわいさを表す属性の一つなのである。
俗に言う萌要素である。

この結果に満足した人はその気持ちを抱いたまま、タブを閉じる事をオススメする。
なお、この記事はもう少し蛇足が続く。

さて、「がおー!」が文化的に萌要素を表すことを解説したわけであるが、面白いことに(必然とも考えられるが)これは日本に独自的な文化である。

多言語のライオンの鳴き声を幾つか並べておくので、同様に画像検索を行ってみて欲しい。

英語   ROAR!
仏語   rugit!
中語   吼!
韓語   어흥!

検索して頂ければ一目瞭然であるが、正常にライオンの検索結果として表示される。
中国語などは日本の特撮作品に汚染されていたり、韓国語などは日本語の「ガオー!」の検索結果に近い(ガオーさんという人物が居るため、検索して見る場合は「-ガオーさん」とすることを推奨する。)結果が得られていたりと興味深い結果が得られるのではないだろうか。
日本の「がおー!」文化が世界に広がっていくのはそう遠くない未来の出来事なのかもしれない。

長くなったが、最後のまとめに入ろう。
「がおー!」(あるいは「ガオー!」)が抱える萌要素は、本来捕食側にはなりえない小さなかわいい生き物が、背伸びをして自分を強く魅せようとしていることが、庇護欲を刺激し、さらなる可愛さを生み出していると筆者は考える。

そう、根源にあるのはやはり可愛さだ。

つまり、、、

「にゃーん」と同じである!

つまり、「にゃーん」と同様に、庇護欲を駆り立てられる、癒やしの存在へ、「がおー!」という言葉で、自らの身を投じることで、擬似的な癒やしを得ることが出来るはずなのである!

最後に、ここまで長い文章を読んでくれた読者と共に、この言葉を呟ければ嬉しく思う。
「がおー!」
スポンサーサイト