アンライトSC考察-グリュンワルド-

一日ぶりです。

ランクマッチは各人のエイムがしっかりとしてきて、なかなか常勝とは行かなくなってきました。私はユーリカを良く使うのですが、相手のデッキをちょくちょく確認しておかないと何も出来なくなってしまいますね。

環境のトレンドとしては購買極振りでしょうか?エプシロン・アリステレアは見ないことがありません。シェリもだいたい居ます。
あとは、「お前の技は見切った!」単独採用のディノや、「カウンターガード」単独採用(たまに「オートマタの記憶」も)のマックスもチラチラ見ます。

逆にダイス操作と捨て札操作系は全くと行っていいほど見ませんね...
まぁ、私は結構ネネムを使っているんですが

雑談はこんな所で前回に引き続き今回もキャラ評価です。

第二回はグリュンワルド

前回のシェリ同様、グリュンワルドも初期デッキによってははじめから使えます。
採用率としては、最近評価が見直されたのか採用率が上がってきている様に思います。

グリュンワルドの特徴
グリュンワルドは攻撃型に分類されるキャラです。
一番の特徴は全てのアクションが攻撃カードドロップ時に追加ドローを行うこと!

「孤影」の2ドローを除きドロー枚数は1枚ですが、手札消費無しで1回攻撃が出来るというデザインのキャラになります。
グリュンワルドのアクションカードを引き続けることで永遠に攻撃ができる訳ですね。

ただし、ドロー出来ると言っても基本は一枚ですからデッキのドローエンジンとしての採用は難しいです。
そちらの目的には別のキャラを採用しましょう。

グリュンワルドのアクションは全てが攻撃アクションとなり、購買やSPに関連するカードはありません。
この事から、基本はアタッカー採用となる訳ですが、各アクションの追加効果は優秀なので、エースのサポートが出来ない訳ではありません。そちらは後述します。

エースとして採用する場合、現状では白ダイスを直接操作するカードがなく、安定した火力が出難いです。
しかしながら、白ダイスが多数出た時のグリュンワルドの火力は凄まじいです。
今後のカードプール変更により大化けするポテンシャルは十分にあります。

デッキ構築としては、

アクションカードで揃える事も可能ですが、他のキャラのデッキ内容によってはサファイア等の購買系アーティファクトカードを挟む事も考慮に入ります。


グリュンワルドのアクションカード

【バッシュ】
購入額:2
攻撃力:白×1、 追加ドロー:1枚

おそらくグリュンワルドで最も扱いに悩むアクションカードです。

コストは2と非常軽く、このカードを購入出来ない場面というのはほとんどありません。
攻撃力はダイス変動で0ということもありえますが、攻撃力0でもドロップすることでドローは行うことが出来ます。

ならば、気にせず採用すれば良いと考えるかもしれませんが、そんな単純なものでもなかったりします。

ドロップすればドローできる、これはつまり”ドロップしなければドローが出来ない”という事です。
すなわち、ドローしようとすれば相手の反撃を受けることになります。(修正される可能性はありますが、例え攻撃力が0でも反撃を受けます)
その上、討伐MVPを獲るためには出来れば攻撃力の高いカードを先にドロップしたいにも関わらず、カードをドローするには先に攻撃力の低いこのカードをドロップする必要が出てきます。
そして、追加ドローが出来るといっても所詮は1枚、アドバンテージは取れません。

つまり、白ダイスが出なかった時に反撃を受ける機会、MVPを逃す機会だけが増えるリスクがあります。
このリスクを飲み込むのか、購入分のコストを購買カードにドロップして1GEMとするのかは採用を悩むには十分な理由です。

もちろん、白ダイスが出れば良いですし、白ダイス3が出てくれば大儲けではありますが、コストの割に序盤に優先して手に入れたいカードではありません。


【血の恵み】
購入額:4
攻撃力:2、 追加ドロー:1枚、手札破棄:1枚

グリュンワルドのアクションで最も優先されるであろうカードです。
最近、採用率が上がっている原因です。

コスト4、攻撃力2と力不足感はありますが、最も注目するべきは手札破棄の効果。
破棄されたカードはデッキに戻りませんので、初期デッキのナイフを捨てることでデッキの平均カードパワーを底上げできます。
サファイア等のカードの採用が考えるのもこのアクションが原因で、クリスタルも捨ててしまって購買力も底上げしようという考えです。

その他にもシェリの「暗殺者の夜」で増えたナイフの処理や、アリステリアの「バーベッドヴィクティム」のSP取得効果の発動など破棄の利用価値は高いです。

ちなみに、破棄は任意なので必ずしなければいけない訳ではありません。手札の強カードを泣く泣く捨てることもないので安心です。


【精神力吸収】
購入額:5
攻撃力:2、 HP回復:3、追加ドロー:1

HP回復カードです。
アーティファクトカードの薬草と比べると、コスト+1、追加ドロー:1がある、攻撃カードである、といった具合に相互互換。
ポーションと比べると、回復量-2、攻撃カードである、一時カードではない、といった相互互換です。

悪いカードではありませんが、HPは立ち振舞である程度管理ができますし、他にも回復カードはあります。
本当にこのカードが必要かはじっくり吟味するべきでしょう。
シェリの「スーサイダル・T」を併用していたり、グリュンワルドをエースで使っていく場合はHPの減少が早くなるので採用しても良いかと思います。


【孤影】
購入額:7
攻撃力:白×2、 追加ドロー:2
[戦闘時]対象に与えたダメージ分回復

グリュンワルドで唯一ハンドアドが取れるカードです。

ただし、そのコストの割にはダイス補正は2倍と心もとないです。
2枚目のドローや回復にコストに見合う価値があるのかは難しいところです。

おそらく、グリュンワルドをエースとしない場合は採用されないでしょうし、現状のカードプールではエースの切り札としても単体では力不足です。
もっとも、グリュンワルドのエースとしての真価は、その連続攻撃にありますから白ダイス操作が出来るようになれば単体の力不足は飲み込めるかと思います。


グリュンワルドと相性の良いエースキャラ
グリュンワルドは直接的なサポートではなく、序中盤のデッキ構築段階でデッキのカードパワーを底上げする形でサポートを行います。
また、サポートの過程で攻撃権を使用するため、高火力カードを使うエースとは相性は良くありません
逆に、高火力カードを持たないシェリとは相性が良く、「バーベッドヴィクティム」を破棄できるため、アリステリアとも相性が良いです。

グリュンワルドをサポートするキャラ
現状では唯一白ダイスを増やすことの出来るディノは候補に入るでしょう。
また、アリステリアはサポートされる側の場合もやはり相性は良いです。


デッキサンプル
ここで示すサンプルはあくまで一例ですのでご了承下さい

【サポートデッキ】
「血の恵み」
「血の恵み」
「サファイア」
「精神力吸収」
「バッシュ」
「バッシュ」
「バッシュ」
「聖水」

【エースデッキ】
「血の恵み」
「血の恵み」
「孤影」
「バッシュ」
「バッシュ」
「バッシュ」
「精神力吸収」
「精神力吸収」
スポンサーサイト