スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾンデザイア追加キャラの感想

1週間ぶりです。
前回は修正予想記事でしたが、全く当たりませんでしたね。
深紅の月とドゥームズデイの特別ルールは、あまのじゃくの呪いとライダーの特別ルールを彷彿とさせます。
予兆のコスト増はそっちにしたかーという感じでしたが、一時攻撃カードの上限が5になったのは驚きでした。
まさか、10月期中にカード追加とカード修正が来るとは思っていなかったので、その意味でも驚きました。

一時攻撃の上限変更はハイブリスとアイビーの対策なのでしょうが、ネネムのお注射とかは結構悲惨な事になってて、とばっちり感がヤバイです。
今回の修正で環境3強は等しく弱体化した訳ですが、ハイブリスは一時攻撃が保持に入るのでまだまだやれそうです。
既存デッキの中では逆にユーリカ単の地位が向上しました。

さて、そんな既存デッキを差し置いて、新規カードデッキの調子が良い気がします。実装から2日経って、それなりにカードも触ったので今回は各キャラの使用感想などしていきます。

【ドニタ】評価S
「サークル・オブ・T」評価E
安価な範囲攻撃カードです。
弱くはないですがドニタにはもっと優秀なカードがあるので、採用率は低いでしょう。

「コデックスの導き」評価B
ダメージを受けなかった時、次ターンに赤ダイスを追加します。
赤ダイス追加効果も然ることながら、コストの割にこのカード自体も攻撃力が3あり優秀です。
ただし、赤ダイスを追加するには、毒、食人鬼、犬の反撃等、全てのダメージを受けてはいけないです。

「スーパーヒロイン」評価B
ダメージを軽減と攻撃カードの火力の底上げをします。
前述の導きとシナジーがあります。
可能性を秘めたカードですがコストは安くなく、専用構築向けかと思います。

「D・コントロール」評価SSS
ドニタを評価S足らしめているカードです。
コストは大きいですが、自爆と同等の依存倍率は脅威。
その上、戦闘終了時に敵HPが5以下なら倒します。
MVPも取れるので、後述のメレンのギャンブルをかなり使いやすくしたイメージがあります。

【リーズ】評価B
「劫火」評価D
連続斬りならぬ連続焼却。
猛炎で増やせるのでサプライへの採用率は高くないかと思います。

「煉獄」評価A
赤が3未満ならチャージドスラストの上位互換です。
1ドローがついており強いです。

「猛炎」評価C
劫火を増やします。
このカード自体は然程強くないですが、2枚以上使えば次のターンの劫火連続攻撃がまず約束されます。

「焼滅」未所持(評価B)
イメージ的にはタイムボムの攻撃バージョンでしょうか。
タイムボムとの違いは猛炎でデッキの劫火を増やせることです。

【ブロウニング】評価B
「影なき男」評価A
偶数ターンに山札から購買カードを高い順に2枚持ってくる。
捨て札にあるカードは回収できない。
偶数ターンの高額購買がとても安定する。
このカードでもう1枚の影なき男を引き込めば更に2枚引ける。
山札にカードを戻す工夫は必要だが優秀なカード。

「ホワイトジャズ」評価C
影なき男の攻撃版で奇数ターン。
適切な攻撃ターンは任意に選び辛いので弱くはないが今ひとつ。
かっこいい。

「マドリプールの雑踏」評価E
山札の1/3の購買一時カードを入手ゾーンに生成する。
一時カードなのが致命的。
そもそも5枚引いて山札が大量にある状況が詰んでる意外に考え辛い。

「エイジャの曙光」評価S
多分、山札の最大コストカードをサーチする。レアリティとの説もあるが、ほぼイコール。
サーチカードは強いの法則。対象が高コストカードともなれば尚更。

【マリネラ】評価C
「フラッシュロック」評価B
ビックブラックのサファイア版、さしずめスモールブラック。
本家ほどではないが強い。

「シークレットプラン」評価B
条件付きの異界の戦利品。
安定性では本家、使いやすさではこちらが勝る。

「クイックドロー」評価D
少しホワイトライトを彷彿とさせるカード。
悪くないがコストに見合わない。
なお、手札に加えなかったカードはそのままの順でデッキに戻るが、現状でこの効果を活かせるカードは無い。

「スタンバイブレーション」評価C
ヘルバウンドハートっぽいカード。
使い易いが、効果は獲得時のみで、その後はマシンガン。

【ビアギッテ】評価D
「無縫天衣」評価B
脅威の2コストルビー。
SPはマイナスにはならないので序盤の強さは圧巻。
終盤はSP調整に使えるが、基本的には破棄した方が良く、そのタイミングが難しい。

「光彩陸離」評価A
SPを1消費するちょっと安いポーション。
弱い要素は無い。
SP調整はこちらがおすすめ。

「永年天呪」未所持(評価E)
3ドローは魅力的だが、如何せんデメリットが大きすぎる気がする。

「往生極楽」未所持(評価B)
専用構築をすればそれなりに優秀か。

【アイン】評価A
「獣人の魂」評価D
購買力がついた薬草、コストも4なのでそんなに強くない。

「2つの身体」評価S
被ダメージを減らし、他プレイヤーにダメージを与える。
自分には反射ダメージは飛んでこない。
ダメージは小数点以下も計算される(0.5は確認、プレイヤーの表示HPは切り捨て)。
2枚使った場合は被ダメージが1/4になり、同一ダメージを2回他のプレイヤーに与える。
犬テロ、高攻撃力テロのお供。
何気に購買も便利。

「1つの心」評価A
多分、ランダムな他人デッキの最大コストカードをコピーする。レアリティ説もあるが、ほぼイコール。
死亡したプレイヤーのカードはコピーできない。
優秀なカードで、予兆をコピーしたら当然ドゥームズデイは自分のデッキに残る。
他のデッキは構築段階でこのカードの存在を意識する必要がある。

「13の眼」評価B
HPを消費して一時攻撃カードを保持に得る。
ハイブリスより準備が楽。

【ユハニ】評価A
「燦爛たる光刃」評価C
攻撃と購買を兼ねるカード。便利。

「秘匿の光輝」評価E
アド-1のカード。
他キャラがドローしてくれれば採用する必要はない。

「探索任務」評価S
使用しなかった購買カードを枚数無制限に保持。
デッキの回転率向上をデッキ総数を減らさずに行う。強い。

「夕暉の番人」評価B
一時攻撃カードは保持に得る。
前述の探索任務と合わせて、ハマると安定した攻撃力の確保が可能。

【リュカ】評価D
「雨垂」評価B
D・ジャンクションの完全下位互換。
とは言え、本家はかなりの強カードなので、悪くはない。

「絶塵剣」未所持(評価D)
購買と攻撃を兼ねるカード。
便利ではあるがダイス依存なのは安定しない。

「鉄石の構え」評価D
ターン開始時に使うことでドロー2の保持3。
保持に強カードを揃えて、ダイス等、戦闘の機を待つカード。
弱くはないはずなのだが、その後のカードドロップが一切不可になるデメリットは大きい。
何よりも、麻痺毒の処理すら出来ないのは致命的。
ターン開始時以外は何の効果もないカードなのも厳しい。

「夢幻」未所持(評価D)
1コス安いライフル。
正直、攻撃力5にするか、鉄石の構えを使っていた場合は3倍にしても良かったのではないか。

【メレン】評価C
「オールドメイド」評価C
2コス破棄は魅力だが、破棄カードにとって効果が安定しないのはちょっと厳しい。

「ローボール」評価A
ナイフは購買にした所でたかが知れている。
注目すべきは一時攻撃カードを購買カードに代えられること。

「ハイハンド」評価D
購買アーティファクトを攻撃に転化できても微妙。
ヴィルヘルムとの専用構築でこそ真価を発揮するカード。

「ギャンブル」評価A
リターンが非常に大きいギャンブルカード。
このカードでトドメを指したらMVP分のSPを得る。
通常のMVPと獲得SPは重複する。
ボス級モンスターを倒した日には笑いが止まらない。

【ヴィルヘルム】評価S
「細胞変異」評価S
購買お化け。このカードはコスト3の性能じゃない。
クリスタルを破棄して呪いを手札に加え、購買を+2する。
そのため、嬉々として蝙蝠を殴れる。
+2は重複するが、流石にターンは持ち越さない。
なにより、毒麻痺の中で普通に動けるのがヤバイ。
ただし、このカードが引けないと呪いは邪魔なだけのカードなので、事故は起こりやすい。十分なお釣りが来るが...

「不死の力」評価D
弱いことはないが強くもない。生成攻撃力は切り捨て。

「魂魄の贄」評価B
-5ダメージは自分に5ダメージのこと。
使用ターンはダメージを受けないので、2枚目はノーダメージで呪いだけ作る。
犬テロのお供。

「屍者の夜明け」評価S
山札の呪いを破棄して、手札に一時攻撃カードを加える。
その攻撃の即効性も然ることながら、ヴィルヘルムでクリスタルの破棄が完結するのが非常に強い。


以上!疲れたー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。