FC2ブログ

アンライトSC考察-シェリ-

てな訳で、一日明けて、メンテナンスも明けました。

カジュアルマッチが一人モードになったのは良いのですが、敵戦力の規模が小さくて先行逃げ切りが有利ですね...
稼ぎには良いのかもですが、デッキ調整としては初動しか見れません。

あと、ランクマッチ、私は現在ランク7なのですが、なかなかマッチングしません><
みんな早くランク上がってきて~

雑談はこんな所で前回最後に予告したキャラ評価などやって行きたいと思います。

記念すべき初回はシェリ

初期デッキによってははじめから使えますし、採用率は比較的高い様に思います。

シェリの特徴
シェリは購買型に分類されるキャラです。
そして何と言っても一番の特徴は2ドロー以上のアクションが3種類あること!

「レッツナイフ」は排出率が低いですが、少なくとも「暗殺者の夜」と「スーサイダル・T」だけでも計4枚の2ドローカードをデッキに組み込むことができます。
序盤であればデッキを引ききってしまうなんてことも起こりえます。

これだけのドローカードを1キャラだけで組み込むことが出来るのは現状ではシェリとおそらくエプシロン(私は持っていないので何枚積めるのか定かでは無いのですが...)だけですし、購入額ではシェリに大きな分があります。

一方で攻撃アクションはドローも兼ねる「レッツナイフ」のみであり、瞬間火力に劣るため攻撃は苦手です。
シェードポイントに関わるスキルも持っていないため、エースよりはサポートに向いたキャラと言えます。

とはいえ「レッツナイフ」も総合火力は十分エース級です。
エースとしたい場合は瞬間火力に頼らない立ち回りが重要となります。

デッキ構築としては、

優秀なサポートアクションが揃っていますので、現状でアーティファクトカードを挟む必要は特にないでしょう

シェリのアクションカード

【暗殺者の夜】
購入額:3
購買力:1、 追加ドロー:2枚、ナイフを1枚保持

現状唯一のコスト3の2ドローカードです。
ユーリカの「奸侫の鉄槌」も一応はコスト3の2ドローカードですが、あちらとの差としてドローが確定している、即座にドローが出来る、攻撃カードではない、という部分で差別化されており、相互互換です。

・運用時の注意点
実はこのカード、低コストではありますが次に説明するスーサイダルTより優先順位は落ちます。
というのも、ナイフを一枚保持がかなり重いデメリットになります。

一見、次ターンの攻撃力が1上がり良いことづく目に見えるかもしれませんが、ここで保持したナイフはデッキに残るため、デッキ内のナイフ比率が上昇、つまりデッキの回転率を落とします。
これでは折角ドローで回転率を上げているのに本末転倒です。

このカードは終盤に「スーサイダル・T」ではドローが足りなくなった場合に一気に入手するのが良いでしょう。
保持されるナイフもデッキに戻るまではメリットです、戻る前にゲームを決めてしまいましょう。

また、「レッツナイフ」はナイフを参照して攻撃力が上がるため、このカードで火力をサポートできます。

ナイフを破棄する手段が確保できる or シェリをエースにしている場合は「スーサイダル・T」よりも優先して良いでしょう。


【スーサイダル・T】
購入額:4
購買力:1、 自身に1ダメージ、追加ドロー:2枚

シェリのアクションで最も優先されるであろうカードです。
コストは1増えますが「暗殺者の夜」よりも優先したいです。

コスト4の2ドローカードにはジェミーの「T・ウォール」があり、あちらは手札に麻痺が無ければノーコストになる分、こちらの方が単体で見れば劣っています。
しかしながら、HP1はそこまで大きなデメリットではありませんし、シェリはジェミーと異なり、他にもドローカードを積める利点がありますので、デメリットはダメージを受けない立ち回りでカバーしましょう。


【ビックブラック】
購入額:5
購買力:3、 手札保持:2枚

手札保持は0~2枚で任意に設定可能なので、アーティファクトカードのルビー(コスト5購買力3)の完全上位互換になります。
手札保持カードとしてはマルセウスの「白鴉」と比較すると、コストが2高い、購買力が3高い、という点で差別化、相互互換となります。

優秀なカードなので優先度は比較的高いです。
「暗殺者の夜」とどちらを優先するかは他の2キャラのデッキとの相談かと思います。

ナイフを保持することで「レッツナイフ」の火力をサポートできます。


【レッツナイフ】
購入額:5
攻撃力:1、 追加ドロー:3
[戦闘時]同じ相手にドロップしたナイフの攻撃を二倍

シェリ唯一の攻撃アクションにして、現時点でドロップカードを参照する唯一のカードです。
語感が良いです。

デッキに積める枚数は2枚。
重複した際にナイフの攻撃力が4倍になるかは情報待ちです。(私は1枚しか持っていないので...)
そもそも排出率の低いカードなので、1枚しか積まないことを前提に記事は書きますのでご了承下さい。

自身の攻撃力は1であり、かなり力不足です。
ドローカードとしてみた場合、3枚のドローが行なえますがシェリには他に2種類のドローカードが用意されており、このカードまで必要になるかは疑問です。

結論としてこのカードを引く場面としては、シェリをエースとしている場合、もしくは「暗殺者の夜」でナイフを引くことを嫌う場合です。
後者の場合は、デッキ回転率が非常に重要となるSP型のデッキが主かと思います。
コスト5の3ドロー出来るナイフを買うというイメージではないでしょうか?

エースの切り札としてみた場合、瞬間火力の低さがデメリットとして目立ちます。
他のエースの切り札は攻撃力5以上はザラな上、切り札以外の攻撃カードであっても攻撃力2はあるので、このカードでは序~中盤にMVPを獲るのがかなり難しいです。

この点は購入額が5と比較的安いため仕方のない部分でしょうか。

一方で、総合火力として見た場合には非常に高いです。
仮にナイフが4枚だとして計9ダメージ、シェリであれば4枚のナイフを集めることは容易です。
敵ボスが出てきた瞬間に一気に仕留めてしまうという戦術が理想となるでしょう。
購入額の低さ、デッキ回転率の高さ故の引き込みやすさにより、成立する機会も多いと思います。

注意点としては、「レッツナイフ」はその性質上、攻撃回数が多くなります。
攻撃回数が多くなるということはそれだけ反撃の機会も増えるという事でHP管理にはかなり注意が必要です。
特にシェリは「スーサイダル・T」でHPを削っていきますから、うっかり死んでしまうことのないように気をつけましょう。


シェリと相性の良いエースキャラ
シェリはサポートキャラとして非常に優秀なので大抵のエースをサポートすることが可能です。

中でもユーリカジェミーはキャラクターのコンセプトが一致しており特に相性が良いエースです。

一方で、シェリはデッキや捨て札のカードを手札に加えてしまうので、デッキを参照するブラウや、捨て札を参照するベリンダとの相性はよくありません。

シェリをサポートするキャラ
購買力はエースであっても自前である程度はなんとかなります。
したがって、レッツナイフの弱点を補強するHP回復やダメージ軽減を持つキャラが候補となります。

コンセプトの合致しているジェミーや「見切り」のピンポイント採用を見越したアベルが候補となるでしょう。
アベルはスラッシュを1枚採用しておくと序盤からSPを稼ぐ事ができます。

一時カードで攻撃力を補うことを目的として、アリステリアやネネムを採用することも考えられますが、誰がエースなのかわからなくなってしまうのが難点です。

デッキサンプル
ここで示すサンプルはあくまで一例ですのでご了承下さい

【サポートデッキ】
「スーサイダル・T」
「スーサイダル・T」
「ビック・ブラック」
「暗殺者の夜」
「暗殺者の夜」
「ビック・ブラック」
「レッツナイフ」
「ダイヤモンド」


【エースデッキ】
「スーサイダル・T」
「暗殺者の夜」
「暗殺者の夜」
「レッツナイフ」
「ビック・ブラック」
「スーサイダル・T」
「回復薬」
「ポーション」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)