FC2ブログ

アンライトSCデッキ紹介-グリュンワルド全ドロー-

明日から休日です、エルフィンです。

本日はアンライトSCのメンテナンスがありました。毎週金曜日なのでしょうかね。

本日のアプデの主なところはログインボーナス(1日10GEM)の追加とデイリークエスト(マッチ戦を日累計1回・3回・5回・10回行う、各25GEM)の追加です。
正直、課金以外でカードを能動的に増やす手段がなかったのでありがたいですね。
また、ランクマッチも過疎っていたのでデイリークエで人を流してくれるのは有り難いです。

個人的には自動スリープ禁止も有り難いですね。どうしてもスリープしてしまっていたので。

後は、他プレイヤーのターンエンドがエフェクトで表示されるようになったのが目立った変更でしょうか?
地味に便利でした。

細かい不具合はまだまだありますが、まぁ今後の改良に期待して不具合報告をする日々です。
(個人的には1回ランクマッチしたらアプリを一度落とさなければいけない不具合が面倒、多分環境依存ですが...)

さて、本日はキャラ評価ではなくデッキ紹介を行いたいと思います。
このデッキで、今日5戦してみたのですが勝率8割、昨日の分を合わせれば9割近い勝率が出ています。
(ちなみにランクは6、平日はいろんなデッキを回していたので、あまりマッチ戦やってませんでした...過疎ってたしね!)

デッキ名は記事タイトルにもあるように
グリュンワルド全ドロー
   
UL_SC_D1
   
こんな感じで前回記事までに紹介したグリュンワルドとシェリを使ったデッキになります。
3人目はマックスを入れていますが、ここは任意枠です。1枚めに購入力2、コスト3以下のカードを入れてくれれば誰でも良いです。
次から解説していきます。

キャラ1「シェリ」

前々回記事でお馴染みの購買型のユニットです。
個別評価の記事では、最優先カードは「スーサイダル・T」としていましたが、今回はグリュンワルドと組んでいるためナイフを捨てる手段があります。

そのため、デッキ順序は「暗殺者の夜」、「スーサイダル・T」、「暗殺者の夜」、「ビック・ブラック」、「スーサイダル・T」となっています。

ナイフを捨てる手段があると言っても、初期デッキに3枚あるナイフを捨てる必要があります。
なので、2枚連続で「暗殺者の夜」としてしまうとナイフ破棄が間に合いません。
その為、2枚目は「スーサイダル・T」としています。

4枚目に「ビック・ブラック」を入れていますが、これは「十字架」購入を見ています。
4枚目に入れて置けば、基本十字架登場より早くデッキに加える事ができます。仮に展開が早くて間に合わなかったとしても、その状況では他のプレイヤーも十字架購入は出来ないでしょう。
また、仮に「ビック・ブラック」が間に合わなかったとしても、2枚目の「暗殺者の夜」までで、購買力が10に到達するので十字架の購入は可能です。

5枚目の「スーサイダル・T」はデッキの安定を図るカードです。2ドローカード3枚でもある程度デッキが安定するのですが、確実性を獲るならこちらを購入します。
ただし、デッキを確実に安定させる事が重要になるのは十字架購入までですので、十字架購入後は購入優先順位は低いです。

6枚目以降はサファイアとかが入っていますが特に意味はありません。吸血鬼城では6枚目以降を引くことはないでしょう。
仮に意図して入れるとしたら、攻撃カードの「レッツナイフ」かSPを取れる「古いコイン」です。

キャラ2「グリュンワルド」

前回記事で紹介した攻撃型ユニットです。
個別評価記事同様、最優先はナイフを捨てる「血の恵み」です。

今回紹介するデッキでは「血の恵み」×2、「精神力吸収」×2、「バッシュ」×3の順としています。
「バッシュ」より「精神力吸収」優先した理由としては以下の2点

①バッシュは攻撃力が不安定
②「スーサイダル・T」や「血の恵み」でHPを削り、「バッシュ」が先行するとダメージが加速する

以上より、3枚目、4枚目に「精神力吸収」を入れています。
ただし、使用感覚としては4枚目購入前に吸血鬼との戦闘に入ることも多いです。
その場ため、4枚目5枚目は攻撃回数がより増える「バッシュ」に変えるのもありです。
その辺りは個人の考えで決めて頂ければと思います。

8枚目の「古いコイン」は特に意味は無いです。何かがおきない限り引きません。

3キャラ目「任意」(マックス)

マックスを入れていますが任意です。
1枚めにはサファイアなどコスト3以下の購買力2のカードを必ず入れて下さい。

「バーベッドヴィクティム」を持つアリステリアは第一に考えられるかと思います。
ただし、「シンクアイビー」はデッキの回転を阻害するので採用は慎重に考えたほうが良いです。

今回はマックスを採用しています。
メリットとしては「カウンターガード」でHPを気にせず殴れる事と、「オートマタの記憶」が普通に強いことです。「リジェクトソード」はいらない子です。
ただし、4枚目まで引くことは稀です。なんなら2枚目を引かないこともあります。(だから3体目は任意キャラ)

他の候補としては、「お前の技は見切った!」で同じくHPを気にせず殴れるディノ、こちらの方がコストが安いです。
あるいは戦闘中ダメージ無効効果が継続する「見切り」を持つアベル、こちらは「見切り」自体には攻撃力がありません。

狙い

狙いは中盤以降、毎ターンデッキを引き切ることです。
デッキ引き切りが安定していれば(恐らくシェリの3枚目まで引くと安定し始める)、10~15の購入力が毎ターン手に入るため十字架の購入に非常に有利です。

相場観として、亀展開で無ければ購入力14が十字架購入の安全ラインです。
もちろん絶対ではありませんが、13以下になると競売負けする確率が格段に上がります。
SP取得を抑えれば競売勝率は上がりますが、トップに追いつけなくなる可能性がある上、競売負けした時に詰むので、避けた方が無難です。

動き

【購入優先順位】
1枚目
「血の恵み」1枚目≧任意キャラの1枚目≧「暗殺者の夜」1枚目>「血の恵み」2枚目
>「スーサイダル・T」1枚目~「暗殺者の夜」2枚目

以降、
・十字架購入が終了している場合
グリュンワルドor任意キャラのカード

・十字架購入前
「ビック・ブラック」>「スーサイダル・T」2枚目>グリュンワルドのカード>任意キャラのカード

十字架購入までは回転率を下げるカードには手を出さない方が良いです。
購入力はも「スーサイダル・T」2枚目以降は不要です。

【「血の恵み」で破棄するカード】
十字架購入まではナイフ一択(ナイフが手札になければ「毒」もあり)
十字架購入後はクリスタル優先ですが、購入状況と相談です。

【吸血コウモリ】
一切攻撃する必要はありません。
クリスタルは邪魔ですし、討伐報酬も大したことないです。
HPを温存しましょう。

【その他の戦闘】
基本は「血の恵み」だけで戦闘するスタイルです。
おそらくSPが低くなるので、討伐報酬を取れそうならナイフ投げても良いです。
とにかくHPは30以下にならないようにしたいです。

十字架入手後は吸血鬼にもナイフ投げます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)