FC2ブログ

アンライトSCデッキ紹介-台所セット-

一ヶ月ぶりです、エルフィンです。

10月になりました。
新カード追加されるかと思ったんですが追加されませんでしたね...
新カード追加されたら課金すると心に決めているので溜まったGEMはすぐ使っているのですが、もう黄色カード以外は枚数が揃って金カード集めなのが現状です(暗殺者の夜金が4枚ある...)。
因みに9月ランクマッチは金カードを取りに行ったのでランク2です(ダブルギフトと戦うのが嫌だったとも言う)。

10月のアップデートで環境が大きく変わりました。
エラッタは量が多いので省略しつつ書き連ねますと、シェリ弱体(スーT、レッツ)、アリステリア(弱体:ヴィク、アイビー、強化:ギフト)、マルセウス強化(白鴉)、ブラウ弱体(タイムボム)、アベル強化(剣術家)、ベリンダ強化(クリスタルM)。

大きい所としては白鴉の2ドロー1強制保持への変更でしょうか、事実上2枚のデッキ圧縮ができるコスト3カードの登場です。
購買力がないので厳しい部分はありますが、シェリのコスト増、ダメージ増と言った追い風もあり一気に環境キャラです。

一方のシェリはスーT3ダメージが厳しいですね。
現環境は高速、回復手段ありでなんとかなりますが、次回以降の環境にはかなり不安です。
アリステリアは環境の追い風もあり弱体による逆風を感じません。
ブラウは弱体以前に10月環境にミスマッチです。
アベルは強化で行けるかと思いきや上級で詰みます。
ベリンダさんは頑張れ。

現時点での環境デッキはIBMVP、ハイブリス、予兆ファクトリーでしょうか。
それらを追う形で、カウンターガード、ネネム、ユーリカだと思います。
ダブルネガティブ、ブラウはほぼ環境から退きました。

さて、雑談が長くなりましたがデッキ紹介です。
このデッキは10月環境で死んでいた、ダブルギフトが本当に死んでいるのかを確認する意味で組んだデッキになります。
前期に嫌がって自分でも使わなかったダブルギフトを使用するのは不思議な気分でした。

台所セット

UL_SC_D5

突然のふざけたデッキ名ですが、狙いとしては3レッツナイフ、IBMVP、ダブルギフトの状況に応じた使い分け(というかダブルギフトが間に合わない時の逃げ道の確保)となります。
ナイフ(レッツ・ナイフ)、シンク(深紅の月、シンクアイビー)、ネギ(ネガティブギフト)、鶏肉(白鴉)でまるで台所だな!という感じで台所セットです。


キャラ1「アリステリア」

購買&攻撃&破棄係になります。

先頭の「シンクアイビー」で攻撃札を作成していきます。
普通のIBMVPであれば「シンクアイビー」は2枚採用ですが、このデッキの真の狙いはダブルギフトにあるので1枚に採用を抑えています。
足りない分は「深紅の月」で補って下さい。
2,3は「ネガティブギフト」なので省略。
4,5,6は「パーペッドヴィクティム」。
購入することは稀ですが、SP24はかなり魅力的です。


キャラ2「マルセウス」

保持&ドロー&コピー係です。

1,2枚目の「白鴉」でデッキを2枚づつ圧縮します。
序盤はナイフか端数のクリスタル。
中盤は一時攻撃カード。
最終局面は不要カード(おそらく購買系のカード)をそれぞれ保持していきます。

3枚目は「深紅の月」、お馴染みのコピーカードです。
コピー対象はおそらく「パーペッドヴィクティム」を除く全アクションカード、状況に応じてコピーして下さい。
主には「ビックブラック」かドローカードになると思います。

4枚目以降は10月環境向けのデッキ枚数増強(ついでに泉で回復)カードです。
ジェミー対策に聖水からトゥースフェアリーの歯、護符の順になるかと思います。
聖水の先行枚数は1人が相手なら2枚でも良いですが、ハイブリスが環境デッキの一角なので3枚としています。

キャラ3「シェリ」

保持&ドロー&攻撃係です。

先頭は「ビックブラック」です。
このデッキは破棄を「ネガティブギフト」に頼っていますので実質1枚のデッキ圧縮となる「ビックブラック」を先頭としています。
また、「白鴉」で不足しがちな購買力の補強も狙いです。
ただし、ドローカードではないこと、コストが比較的高めな事を考慮し、2枚目の採用は4番目としています。

2,3枚目は「暗殺者の夜」、ドロー2の0枚圧縮カードです。
0枚圧縮とは言っても使用時はナイフが保持枠となるため、瞬間的には1枚圧縮カードです。
ギフト、レッツナイフ向けのナイフを作れる他、10月環境ではデッキ枚数が保持に増えていくのは優秀です。

5,6枚目は「レッツ・ナイフ」、特記事項はないので省略します。

7枚目は「スーサイダル・T」。
落とす必要は然程ありませんが、ドローカード率を増やしておくと行動が安定します。
終盤であればダメージデメリットも然程影響しないでしょう。
影響する時は落とさないで下さい。

8枚目は「ライフル」。
非攻撃カードのドロップ先の確保が目的です。
10月環境ではめったに必要とはならないでしょう。

行動

理想の動きは以下
T1「白鴉」=>T2「白鴉」=>T3「ビックブラック」=>T4「深紅の月」=>T5「シンクアイビー」「暗殺者の夜」=>T6「ネガティブギフト」

T4の「深紅の月」は省略可能ですが、T6の前に購入しておかないとATK10カードが1枚しか作れません。
途中で白鴉が購入できないクリスタル2が来た場合、次のターンに「ビックブラック」を落とします。
妨害がなければ7割以上の確率で落とせるはずです。
また、もし「ビックブラック」を落とせない場合(クリスタル3+GEM1)は「シンクアイビー」を落とさずに「白鴉」を落として下さい。
-1枚圧縮以上の「シンクアイビー」はデッキ構築段階では事故要因です。
その際にGEMを未使用のままデッキに戻すと後の「ビックブラック」購入が安定します。
因みに「深紅の月」も-1枚圧縮になる可能性があり、事故要因だったりしますので、購買力が6ある時も「ビックブラック」が未購入であればそちらを優先して下さい。
T6の「ネガティブギフト」が買えない場合はシェリを掘り進んでいきます。
どうしても落とせない場合は3レッツナイフに逃げましょう。

とにもかくにも「ネガティブギフト」が落とせないと厳しい戦いになります。
ネズミには余剰の全ナイフを投げつけましょう。それ以外は殴らなくて良いです。
特にコウモリはSPも少なく、クリスタルの処遇にも困るため殴らない方が良いです。

弱点
比較的安定して回せますが、実はかなり綱渡りなデッキです。
特にT3とT6、最終局面での事故が怖いです。
また、10月期のギフトは相手を無力化は出来ません。
するっとMVPを取られるのはざらです。
攻撃手段はレッツナイフと一時攻撃カードと少し多めなので、大型モンスターを場に並べたいです。

デッキ相性
展開が早くなりがちなアベル、マックスあたりを主体としたデッキは苦手です。
鉄槌軸のユーリカも得意ではありません。
深刻なのは、「T・スキャッター」が先行したハイブリスで、最悪T3が一向に進まないということもありえます。
一方で、「T・ウォール」先攻のハイブリス、予兆ファクトリー含む準備に時間がかかるデッキとは相性が良いです。
ただし、予兆ファクトリーについては相手に2人以上居たらドローが間に合わず不利となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)