スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンライトSCデッキ紹介-ばちあたり-

お久しぶりです、エルフィンです。
11月期も残り1週間ちょいですが、報酬の告知がまだ来ませんね。
告知来てからランクあげようかと思ってましたが、時間的余裕なさそうだしランク上げはパスになるかも...

そんな訳でさくさくっとデッキ紹介。

ばちあたり

UL_SC_D7

最近流行りのarupuさんの支配ダイス系デッキの1つになります。

大きな違いはマルセウスがいないことです。
デッキ名は祠に麻痺とか呪いを投げつけるので適当につけました。


キャラ1「ジェミー」

ドロー&購買強化係です。

1枚目は「T・スキャッター」で周りを妨害していきます。
初ターンに落としたらいきなり切断されたこともありました。
つまり、序盤から麻痺が飛んで来るのは結構嫌がられます。
自身にも影響がありますが、そこはヴィルヘルムで軽減。
むしろクリスタルを破棄してしまうヴィルヘルムデッキでは購買2がありがたかったりします。

2・3枚目は「T・ウォール」、おなじみのデメリット無しドローカードです。
このデッキでは麻痺を増やして購買に還元することで購買力も上げていきます。
祠購入もド安定です。

4枚目は「支配のダイス」
これは「孤影」のサポートカードです。

5枚目以降は「ライフル」
攻撃力が不足がちなのでブーストしていきます。
購買力とドローは十分なので無理もでてきません。

8枚目は「博士の手記」
保持ですが、ここまで進むことは稀です。

キャラ2「グリュンワルド」

火力と回復と破棄とドローです。
この4つが行える殿下マジ強い...

先頭は「血の恵み」
このデッキは初期から破棄したいのはナイフ3枚のみなので1枚で十分です。

2,3枚目は「孤影」、ドロー&回復です。
終盤には支配のダイスで補佐して、フィニッシュカードにすることも狙っていきます。

4,5枚目は「精神力吸収」、回復です。
攻撃力を確保したいために積んでいます。
回復はおまけ程度ですが、剣術家がいる時には役立ちます。

6枚目は「支配のダイス」。
前述のため省略です。

7枚目以降は「コデックス」など積んでいますが自由です。
ネガティブギフトの面倒を見るなら「血の恵み」を追加してもいいでしょう。

キャラ3「ヴィルヘルム」

破棄&ダメージ軽減とおまけ程度に火力確保します。

1・2枚目の「細胞変異」で購買力を確保します。
序盤には蛙が毒を吐いていますし、このデッキはスキャッターもあるので、序盤の購買で差をつけたいです。
クリスタルを破棄するので、地味に赤飛竜対策になります。
終盤には祠を買う際のキーカードです。


3枚目は「屍者の夜明け」
呪いを破棄して攻撃力を確保します。手札に来るのが強いです。

4枚目は「魂魄の贄」。
5ダメージ払って無敵です。
6ダメ乗り手とかを手数で潰せるようになる他、剣術家も無力化出来ます。

5枚目以降は色々入れていますが、基本的にこの辺を掘る暇はないです。

行動

購入順は「T・スキャッター」から、3コスを進めていき、購入可能な時点ですぐに「血の恵み」を落とします。
中級で初ターンに毒が撒かれた場合は「細胞変異」から落としても良いですし、最悪ジェミーをスルーする事も可能です。
上級は長期的に見て「T・スキャッター」から始めた方がなんだかんだで良いです。

「T・スキャッター」「血の恵み」「細胞変異」を落としたら、買える方のドローカードを落とします。
「屍者の夜明け」はドローカードを2枚落とした辺りで買うのがベストです。
それより早いとデッキが回りません。

戦闘方面では宝箱を落とすモンスターのMVPは極力避けます。均等にダメージをばら撒いていくのが良いでしょう。
ドラコネットについてはSPが大きいのでMVPを取っても構いません。
基本的には一撃が弱いので、大型モンスターの狙い目は高ダメージが出ている乗り手と赤飛竜になります。
他プレイヤーの攻撃が集中するのは望ましくないため、大型モンスターは同時出しを狙っていきたいです。

弱点

なんだかんだ言ってヴィルヘルムは事故ります。
また、一撃が軽いカードが多いのも難点で、事故率を上げてくるネガティブギフトや本家ハイブリスは苦手です。
油断すると攻撃力が不足しがちなのも傷です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。